SEO(英: Search Engine Optimization)、とは、
(IT用語辞典 e-Words)より

サーチエンジンの検索結果のページの表示順の上位に自らのWebサイトが表示されるように工夫すること。また、そのための技術やサービス。Webサイト構築などを手がける事業者の中には、SEOをメニューに用意しているところもある。

サーチエンジンは登録されているWebページをキーワードに応じて表示するが、その際の表示順位はそれぞれのサーチエンジンが独自の方式に則って決定している。この順位が上にある方が検索エンジン利用者の目につきやすく、訪問者も増えるため、企業などでは検索順位を上げるために様々な試みを行う場合がある。その様々な技術や手法を総称してSEOという。

具体的なSEOの手法には、ターゲットにするキーワードの適切な選択や、ページ内でのキーワードの適切な使用、より多くのサイトにリンクしてもらうなどの手段があるが、サーチエンジンのランク付けのアルゴリズムは年々高度化が進む上、頻繁に変更が行われその度に激しく順位が変動する。このためSEOには王道は無く、地道にコンテンツを充実させて認知を広げていく以外に着実な手段は存在しないと言える。

 

SEOの意味を再度確認戴くために、用語辞典を引用しました。

時々、IT用語を宇宙語と言われる方がいる(笑)ので、
言葉のリンクもそのまま残しておきます。

従来のSEOと何が変わってきたのか・・・・

検索エンジンのサービス提供は、Googleがトップ企業であり、

もっとも影響力を持っています。Googleの動き、動向がネット検索に圧倒的な

影響力を持ちます。少しくどいですね(笑)

「パンダ、ペンギンアップデート」と呼ばれて、検索エンジンのアルゴリズムの
大幅なアップデートによって、

検索順位が大きく変わった(サイト評価が低下した)サイトがあります。
一方で、検索順位が大きくアップされ、検索上位になったサイトがあります。

小手先のSEO対策は、既に通用しなくなっています。

Googleは、サイトのコンテンツの内容まで解析して、ネット検索を利用する人達が、

快適に、探そうと思った内容、サイトを正しく表示しようとする正に、正当な動きです。

コツコツ、広く有用な内容をアップし続けることで、ネット利用者に喜んでもらえる、

そのようなコンテンツを提供すれば、自ずと検索上位にGoogleが持って行ってくれます。

SEO対策は、テクニックでなく、日頃からコツコツと行う地味な作業のなかで、

時代の流れを掴みながら、対応していく作業でしょう。

確実に少しづつ次のステップに進む、そしてその作業をしっかり継続していく。

そのようなクライアントは、しっかり支援していきます。

今後は、コンサルタントとしてコンサルタントフィーを請求して行きますが、

従来からの相談を受けたり、アドバイスを行って来た先には従来通りで行こうと

思っています。

そこにはWeb活用に成功したモデルが存在するからです。

本気で、ネットマーケティングを考えている、行おうとしている人とは、

一緒にその果実を手にしましょう。

これが、正解というものはありませんが無駄のないより効率のいい動きは、

結果として、多くの人の目に触れ意図した成果に結びつきます。

ネットは制作から、活用のニーズを求められる時代になったようです。

通常のリアルな企業活動と、ネットの活用を上手にリンクさせていきましょう。

ネットマーケティングのコツは「コツコツ」です。

このような時に、SONYの減収減益のニュースが飛び込んできました。

パナソニックが業績を回復させている中での、SONYの評価によると、

パナソニック他の日本の家電各社は、コツコツと無駄を無くし、事業の細かなところ

まで、見直しをはかった。

SONYは、一発逆転をまだ狙っていると書かれていました。

コツコツが大きな成果に結びつくケースは多く、ひとつの真実ですね。

そして、このサイトに書いてます

「クイックアクション&クイックレスポンス」

このことは、常日頃から心掛けていることです。