Web制作で、どうしてもパソコン画面対応のホームページを作って
それから、モバイル対応を行うケースをまだ多く目にします。

インターネット接続が、ネット接続と言えば理解されるように、ネット閲覧と言えば、スマホからといった時代になりました。
スマホからGoogle検索をすると、検索結果にそのサイトが
スマホ対応かどうタグが表示されるようになりました。
スマホ対応

個人のアクセス需要が圧倒的な飲食店舗や、
個人向けのサービス業には、
当然 対象となる人達はスマホからアクセスしてきます。

BtoBの(企業対企業)のビジネスであれば、パソコンからの
アクセスウエイトは、下がりません。

個人顧客が対象となるホームページで

  • Flashを使用、それもTOP画面に
  • サイトがスマホ対応になっていない

Web制作がどちらを向いて行われているかということです。
個人顧客に情報発信や、集客を行おうとしているのに、
Web制作依頼者に向けてアピールしているのです。

見た目のデザインと動きで、余分な手間とコストをかけて、
実際に、見てもらいたい人達にはアクセスしても
Flash表示が見えなかったり、Flashの為に画面遷移ができなかったり、
表示に時間が掛かってしまったり。
画面メニューの選択操作がしづらかったりと、
閲覧に訪れても再訪のチャンスを失う事となります。

Web制作依頼には、微妙な価格バランスと、
ビジネスとしての継続(追加発注)の為に
モバイルファーストを敢えて行っていないところがあります。

貴社のビジネスを個人を対象としたビジネスですか?
企業、法人を対象としたビジネスですか?
ますます個人がモバイル端末からネットアクセスが増える時、
スマホ対応でないサイトは、検索順位を下げる事になります。
今更ながらの、モバイルファーストの取り組みの重要性が増しました。

Googleがモバイルフレンドリーテストサイトを提供しています。
サイトのアドレスを入力して、分析。
モバイル フレンドリー テスト モバイル フレンドリー テスト_2