企業でモバイル端末を利用活用していますが、
文字変換アプリをしっかり選択して業務効率をアップしましょう。

PCでマイクロソフトのOSバンドルの漢字変換ソフトは、
作業能率、効率を落としてます。
同様にiPhoneの文字変換アプリも使い難いです。
Androidの場合は、メーカー独自の変換アプリが提供されています。
事務の効率化が目的であれば、日本独自の文化、作業環境である漢字が
誤変換なく、的確に変換される環境に置き換えることです。

日本におけるiPhoneのシェアが50%以上、データーのとり方によっては80%と
異常なシェアです。
企業が、モバイル端末を利用しようとした時、

漢字変換アプリを慎重に選択する事が大事です。
イチオシはやはり、ATOKでしょう。
富士通やASUSは最初からATOKをバンドルしています。
企業が導入するならATOKですが、有償アプリです。

個人で使っている人には、Googleの日本語入力ですね。
こちらは無償提供されていますし、ブラウザがGoogleのChromeであれば
相性もいいでしょう。

iPhone使いの人も最新機種ではATOKがインストール可能になっています。
作業効率の低下を招く、変換効率の悪いアプリは即変更しましょう。

企業でモバイル端末を有効に活用しようとした時、
先ず、文字入力を楽に、簡単にすることです。