スマホにクーポンアプリをインストールすること、消費者は便利にクーポンを使え、

店舗でこのスマホクーポンを使いませんかと、各社が営業をかけています。
企業が、パソコンシステムとソフトを導入する場合には、

  • ハードの価格
  • ソフトの価格
  • サポート指導料
  • 契約更新料金

上記の明細を明示してトータル価格の交渉を行います。
企業が定型業務で使うソフトは、

  • 販売管理
  • 給与計算
  • 会計ソフト

が定番ですから、ソフトで何をするか、何ができるかハッキリしています。

しかし、最近のクーポンアプリは
SNS(facebook、twitter等)と連携する機能がつくケースがあります。
SNSによる、ネットマーケティングを強調して、過剰な営業トークで
過剰な効果をアピールしているようです。

問題なのは、トータルなシステム価格が不明瞭な点です。
価格の実態が見えないのです。

SNSは、実際に利用していると直ぐにわかります。
本来は、人と人の繋がりでコミュニケーションを楽しむもので、
ねずみ講のように、人から人へ限りなく拡大していくものではありません。
まして、口コミで伝播する情報は、それだけの価値のあるものです。
安易に、営業トークに乗せられないで下さい。
香具師商売にお気をつけください。