12月1日は、今年最後の月なので今年の動きの締めを行うような感覚がありますが。

新たな事を始めた場合いは、年末・年始はあまり問題ではありません。

暦とか、時間単位で、身が引き締まったり、新たな気持になるのは、

それぞれの人によって当然のこと、捉え方が違います。

暦、季節の節目に新たな事を始めたり、特定の時期の総括をしようとする

ことは、あって当然です。
PDCAの目標設定は、時間単位のプラン、成果によってチェックする

からです。計画・目標をたてたモノが達成できたか、未達に終わったかは

ある時点で見直す必要があります。
企業は、年度決算、各クオーターで成果のチェックを行っています。
個人の場合には、社会的な年間行事が影響してきます。

古くからの教育制度によって、4月は新学期、夏・冬の長期休み
年末・年始を過ごすと、受験生は進学の為の試験が待っています。
社会人、生徒・学生さんが感じているこの12月1日は
それぞれの中に、独特な季節感をもたらしているでしょう。

私、実はいろいろチャレンジしているんです、そのような状況で
12月1日を迎えました。