自己啓発本のたぐいや、何だか新しい経営の流れを示唆しているような、

ネーミングを使ってみたりとした傾向の本が多い。

たいして内容のない本が、いかにもそれらしいプロモーションのもとで発売されても、

結局読み返す事なく積んでおく状態になる。

気になる本は、最近書店内の喫茶店で、じっくり目を通す事ができて便利です。

福山では、フタバ書店内のタリーズで、書店内の本を持ち込んで喫茶時間を

過ごす事ができる。

時間のある時には、数冊抱えてざっと流し読みをしています。

大体、記憶にとどめておこうと思う箇所は数行のケースが多い。

本の形で残すもの、自炊のスキャニングでドキュワークスファイルで残すものに

区分している。多読はお勧めするが、価値あるものは案外少ない。