当然、ネットですべてができる訳ありませんね。

ソーシャルな繋がりで、ますます便利になっていきますが、

まだ、直接会って話をすること、会わないまでも言葉を交わす事で、

テキストだけの繋がりよりもより、親近感が湧いてきます。

メールやソーシャルツールがニューメディアとすると、

ハガキはオールドメディアの筆頭かもしれません。

しかし、人と人の心の繋がりを大切にする人達は、

ハガキを書くという事を習慣化して、都度ハガキを書いていらっしゃいます。

書くというより、書かされるという心情で続けていらっしゃいます。

瞬時に繋がり、瞬時にコミュニケーションが取れる時代だからこそ、

手書きで書かれた、ハガキ文字は書いた人の心がハガキに載って、

運ばれて行くのでしょう。心を伝えるメッセージツールとしての、

ハガキは、かけがえのないオンリーワンの価値を持ちます。

オンリーワンの価値が、ニューメディアとして継承されていく。