ネット対応として、Web作成、ソーシャルフォローを行っていて時々思うこと。

ネット効果が、見えない時は何がどう動いているのか、ネットへのブログアップ、

ホームページがどの程度集客や、意図した事に役立っているかが分かりにくでしょう。

しかし、ネット効果が実感できた、あるいは集客に結びついている手応えがあれば、

ここのコストに対して意識を向ける時です。

すべてが、自社で対応できていれば社員さん、バイトさんのコスト計算は社内で

可能です。

しかし、外部委託している場合にいくらのコストがかかるかは、経営者であれば

計算できなければいけません。

ネット効果というより、事業規模、事業計画に如何にネットサイトが寄与するかの

投資効果が明確に判断できるかどうかでしょう。

経費と考えるか、投資と考えるかによってその取り組みの姿勢が変わってきます。

事業規模の維持なのか、新たなマーケットの開拓なのか?

コストに対する効果測定を行わない作業は、経費でしかないでしょう。

ネット上で放置されているコンテンツの多くが、取り組みの甘さか、

コスト的に合わない事でストップしているケースが殆どです。

折角のツールや、コミュニケーションの場がフリーであるのですから、

充分に活用しましょう。

Googleで検索できない事を、提供するのがプロです。

プロのノウハウは、資産ですのでご了解下さい。
2012-09-05 09.27.17