企業のWebページと表現すると、かつてはホームページが主でした。

今では、ソーシャルのfacebookページがホームページより先に、アップされたり、

ホームページ無しで、facebookページがその代役を果たしたりしています。

業種、企業形態によって敢えてホームページが必要ないケースがあります。

facebookは、個人のソーシャルネットワークを通じて、個人のブランディング化、

facebookページは、企業・店舗・団体のメッセージ発信に適しています。

その時大切な事は、企業として何を発信するか、どのようなタイミングで、

企業イメージをどのように作っていくかの戦略が必要になります。

当然、コマーシャル効果基準をどこに置くかで、コスト・手間が違ってきます。

弊社も、facebookページの管理として設定、代行運用を一部行っていますが、

明確な企業指針の打ち合わせがない場合には、代行しての情報発信は行いません。

当然の事ですが、具体的な依頼事項や摺り合わせのない状態で、

勝手にメッセージの発信はできません。

単に、facebookページは企業メッセージをいかに発信するか、

ダイレクトに反応が返ってくるだけに、メール発信や、ホームページのイベント情報投稿

よりも、よりセンシティブなものです。

いいね!の数が増えれば、増えるだけ何を発信するか、どういった反応を

返すかは、個々の企業のブランド化をどう進めるかの大切なポイントになります。

Webコンサルティングに何を求めるかによって、対応に大きな違いが生まれます。