DSC_0316
【写真は、昨年京都の祇園にある、壱銭洋食店にてメニューを見せてと依頼した時、
出されたものです。】

最近のネット上での旬は、facebookです。

でも、ブログへの回帰現象?が見られます。

facebookのニュースフィールドの変更、表示画面のUIも絶えず行われていて、

友達の集う場としてそれなりの盛り上がりを見せています。

しかし、ネットの投稿が趣味や娯楽の内は構いませんが、

ビジネスとしての時間を使いながら、企業・店舗としての情報発信によって、

効果を求めようとすると、facebookは入り口でしかありません。

多くの企業が、ビジネス目的でアカウント取得して利用していますが、

コミュニケーション目的、ブランディング目的ではそれなりの成果?を

出していますが。売上増などの実利的な面では期待した程のリターンは

得られていません。

至極当然の事で、facebook上ではコンバージョン設定が出来ないからです。

コンバージョンは、ホームページ作成で一番大切な点で、

通販サイトであれば、商品購入。

サービス・企業紹介であれば 資料請求、問い合わせが行われるところまで。

実店舗では、メール会員登録、ブログ会員登録等で

来店頻度をアップする為の、連絡手段の確保と

タイムリーな情報提供で、顧客・未顧客の来店を誘導できるような

仕組みを作っておく必要があります。

指標として

■コンバーション件数

■コンバーションレート

■コンバーションコストと

それぞれの指標の元で最適化をはかって行きます。

ネットで何を求めるか、何を提供するか、どのようにしてビジネスに繋げるかと

いった流れは、ホームページ、ブログ、メール、facebookを上手くリンクさせて、

求めるコンバーション設定が出来た時に、成功します。

ホームページを作りました、ブログを投稿していますでは、初歩段階です。

宣伝広告費を、自前でまかなってコストをかけていないだけのことかも知れません。

本当のネット活用の旨みを知ることなく、更新が止まったブログ、

新着情報が半年も前のもの、昨年の暮れの情報が最新だったりするものを

多く見かけるのは、ネット利用の目的と検証が出来ていなくて、

もう止めたっていう状態でしょう。原因はいろいろありますが中止状態です。

目的と、達成数値、投資メリット等の数値管理が出来て始めてネットを活用していますと

言えます。ネット上にそこまで行かないで野ざらしになっているサイトのいかに多いこと

か。ホームページを作ること、ブログを書くことが全てだという勘違いがあります。

ネットからの着地点として、実ビジネスの工夫とアイデアも求められています。