ネットのアクセス解析では、定番中の定番です。

Google Analytics サイトにこの解析ツールが埋め込まれているケースが

殆どでしょう。従来のようにアクセスカウンターをつけている状態から、

アクセスをマーケティグ的な視点から捉える為には、解析データーを上手に

活用する事が必要になります。

ホームページの更新管理が、表向きの作業とすると、

Analyticsの解析による、コンテンツの最適化と、ライジングページへの

コンバーション率アップが本来の、更新管理業務です。

Google Analyticsの管理画面で得られるデーターは多岐に渡ります。

このデーターを解析しながら、サイトの更新を行う事で本来の、目的に

近づく事になります。

ECサイトや、集客の為の店舗がアップするサイトではマーケティング手法として、

商品勘定から、顧客勘定への視点の変化がもとめられます。

ネットマーケティングは、従来のマーケティングよりも更に可視化されています。

来店型のコンシュマービジネスでは、ネット効果を確認しながら確実に

顧客増、売上増を図る為には、トータルのマーケティング管理が必要です。

Webマーケティング、WebコンサルティングはWebサイトを活かす為の仕事です。

ホームページのアクセスを増やす事と同時にライジングページへの、

コンバーション率のアップ、ネット上に看板が上がっているだけでは、

看板効果だけです。

情報発信するアンテナを建てましょう。

a0002_011393