ネットの時代を迎えて、企業戦略でWebを活用・利用するケースが増えています。

人海戦術で、営業をかける方法は楽天が起業初期に取った方法です。

ネットビジネスだからネットだけという事は案外なくて、人による営業活動が今でも

大切です。

新しいビジネスモデルとして起業しても、うまくいかないケースはこの人による

営業を軽視するか、まったく無視してWebのソーシャルだけに依存して、駄目に

なっていってます。いいねの反応はあっても、シェアがあってもビジネスに結びつきにくいのは、

ビジネスの本質を理解していない事によります。

リクルートが、楽天が、成功をおさめた要因に新しいアイデアとそれを人が

営業として形にする、泥臭い人海戦術がありました。

尖った企業が、地方でWebプロダクトマネージャーの求人をする時に、

求める人材は、企画者なのか、経営者なのか。

マーケットは全国、世界なだけにローカルビジネスとは勝手が違います。

Web管理者の求人も、期待値と業務内容、給与のバランスがとれていないところは

いつまでも求人広告を出し続けています。

力仕事で汗をかく作業と、頭で汗をかく仕事では業務に違いがあります。

方向性が決まった後の、ソーシャルへの継続した投稿がうまくいっていないケース、

仲良しコミュニティーで終わっているケースもあります。

社員としての雇用契約では、超えられない次のステップがあります。

index