Flash使いの、自滅。

Flashを使う事を、止めるホームページが増えています。

自動車メーカーや、ビジネスホテル、飲食店等

これから新たに作られる(リニューアルも含めて)ホームページでは、

トップページにFlashを使ったサイトは、よっぽどPVに自信があるか、

SEO対策に無知かのどちらかでしょう。

Flashって?、画面が動画のように動く効果を狙った見栄え効果を出す技術です。

しかし、アップルのジョブズがFlashを否定して、iOSではサポートしないと宣言し

てFlash使いのホームページがめっきり少なくなりました。

Flashを使うと、ホームページ作成の手間とコストがアップします。

『「フラッシュ」を使いますか?制作コストがアップしますが?』

こんな会話が、ホームページの制作過程でよく交わされました。

しかし、ネット環境が変わってきました。

トップページにはFlashを使わない

ALL Flashで作られたホームページは、制作者と、依頼者の自己満足で

しかない。まだ見かけますがどうなんでしょう。

仮にも、検索によってより多くの人にアクセスして欲しいなら、Flashを

使う事は避けるべきです。

Flash職人さんは、折角拾得した技術がもったいないと、制作要請に

応じますが、より積極的に勧められことではありません。

今だ、Flashを使っているのであれば、移行する準備を始める事です。

Flashを使うメリットよりも、スピードの速いネットの動きでロスする機会の

方が多いという事に気付きましょう。

ホテル、旅館のホームページはネット効果の高い業種です。

Flashを使う事で、サイトの高級感とかイメージアップをはかってきました。

旅館など、じっくりパソコンからチェックする場合は多いですが、

旅先で、チェックしたりするビジネスホテルの場合には、

移動しながら、スマホから見るケースが多いでしょう。

ビジネスホテルなど、駅から空き宿を探す時に、Flash表示で時間がかかったり、

再生が重かったりすると、イライラします。

iPhoneからは、白くなるだけで表示もされません。

Flashを使う事で発生する、チャンスロスは避けたいものです。