covid-19の対処に関して

新型コロナウイルスの社会、経済に対する影響がおさまりません。
新型コロナウイルス=covid-19に感染しない為に、全国一斉に自粛を求められて、
日常生活から、社会生活、経済的な影響が広範囲に及んでいます。
しかし、3蜜を続けていると、客商売の飲食店舗や、イベント会場等は
スペース効率の面で、大きな売上減になります。
ソーシャルディスタンスの確保で、客席の間隔を空けると
単純に1/2の空間しか使えないことになります。
京都大学の藤井聡教授が、京大の感染学の教授が、
感染を防ぐには、「目、鼻、口を触らない事」が一番と繰り返し発言されています。
外でマスクをしていても、意識しないとどうしても触ってしまうようです。
語呂が良いので、三密がどうしても一般的ですが、
自ら感染を防ぐには、「目、鼻、口を触らない事」
マスクをしていれば、ソーシャルディスタンスも普通の間隔でいいのでは?
客を迎える施設では、感染者が発生する事、感染が広がる事を一番心配されています。
消毒、テーブルの仕切り、飛沫防止シート等とともに、
「目、鼻、口を触らない事」と大きな貼り紙を掲示して、
声にだして、注意を促しましょう。
基本を外した感染対策は、大きなムダを生みます。

Follow me!

コメントを残す

次の記事

リモートワークの推進